打楽器奏者ヘニョハロこと泉純太郎です! ティンパニ奏者を目指して日々勉強中! どうぞよろしく。
QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
ジャンル:
最新記事のRSS | Page Top↑
一月以内の更新があるのに…
[あれ、広告が消えない]の続きを読む
スポンサーサイト
指導している高校生から、「スネアが遅いと言われる」とLINEで相談されて提示した解決法。
せっかく文章にしたので掲載します。
*あくまでも特定のプレイヤーに対するアドヴァイスなので、万人に効果があるとは限りません。
(以下概ね原文ママ)



とりあえず考えられる原因と対処法を挙げていくから、上から順に試してみて下さい。
(効果があったと思われるところでやめて下さい。中には相反することが書かれている場合もあるので、複数の項目を同時にやろうとしないように)

①視野が狭くなっている?
指揮者に集中しすぎている?楽譜に集中しすぎている?周りの音を聴くのに集中しすぎている?フレージングに(以下略 etc...
漠然と全てを意識して、その時の演奏空間(ホール、合奏部屋等)に音を放り込むつもりで演奏する。

②機械的にタイミングを合わせることに気を取られすぎている?
メロディのフレージングを意識してみましょう。
ぶっちゃけ一音一音が揃ってなくてもいいから、息の長い音楽を意識してみよう。

③音楽的に管楽器を後から追いかけている?
これは「合わせよう」という意識が強い人ほど起こりやすい。
メロディを追いかけるのではなく、音楽的にリードするつもりで演奏してみましょう。

④実際にタイミングが遅い?
打楽器は管楽器の後ろにいるので、管と同時に音を出すと遅れます。
(前で鳴っているメトロノームに合わせると遅れるのと同じ)
もう一つ、スネアと言えども、バチがヘッドに当たってからシェル(胴体)が共鳴するまでに一瞬のタイムラグが有ります。
これに対処する案としては、管楽器の発音の「子音」の部分を狙って音を出す事かな。
例えば、パーの「p」、ターの「t」、ブーの「b」に音を混ぜるつもりで演奏してみましょう。

⑤既にできていることをできていないと思い込んでいる?
何も考えず、自分がしたいように演奏してみましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。