ヘニョハログ
Generally Spoken It's Nothing But Rhythm(ニック・パーネル)/CDライブラリー

打楽器奏者ヘニョハロこと泉純太郎です! ティンパニ奏者を目指して日々勉強中! どうぞよろしく。
QRコード
Nick Parnell - Generally Spoken It's Nothing But Rhythm




NMLで無料試聴

カタログ番号:ABC4762838
ASIN:B00080SE6E
レーベル:ABC Classics
よく演奏される打楽器のオリジナル曲と、アルベニスの作品が収録されています。安倍圭子の3作品はマリンバ奏者必修の楽曲。シュミットの「ガナイア」も最近流行っているようです。ジブコヴィッチの"Generally Spoken It's Nothing But Rhythm"は結局どう訳すのかはよくわからず(汗)。ロサウロの「ラプソディ」は、これは風景描写をしたり、ジャズ風の長いヴィブラフォン・ソロがあったりと、多彩な曲想変化が楽しめます。もともとオーケストラと打楽器ソロの曲なので、ピアニストはやや大変そう。使う楽器もかなり多いです。
演奏者:
Nick Parnell(マリンバ・打楽器)
Leigh Harrold(ピアノ)/Steve Todd(打楽器)
安倍圭子 - Keiko Abe (1937-)☆
タンブラン・パラフレーズ - Tambourin Paraphrase
山をわたる風の詩 - Wind Across the Mountains

イツァーク・アルベニス - Isaac Albeniz (1860-1909)
スペイン組曲 Op. 47 - 第5楽章 アストゥリアス - Suite espanola No. 1, Op. 47: V. Asturias (Leyenda)

マティアス・シュミット - Matthias Schmitt (1958-)
ガナイア - Ghanaia☆

ネボジャ・ヨハン・ジヴコヴィチ - Nebojša Jovan Živković
一般的に、それはただのリズムでしかない - Generally Spoken It's Nothing But Rhythm, Op. 21

安倍圭子 - Keiko Abe (1937-)☆
竹林 - Wind in the Bamboo Grove

ネイ・ロサウロ - Ney Rosauro (1952-)☆
ラプソディ - Rhapsody
☆印の付いている項目はそれを紹介しているページがあります。
それ以外でリンクを張っている項目はブログ内に関連した記事があります。

打楽器ソロのCDをもっと見る
打楽器作品集はこちら

2nd blog 『雑多な事象を扱ったWeb上のLog。』(PC版携帯版
打楽器作品集 (協奏曲、ソロアンサンブル)/打楽器用語集教則本紹介管弦楽曲打楽器事典
CDライブラリー(一覧カテゴリ別) 人気blogランキング
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック