ヘニョハログ
ウィーン・ティンパニ製造工房のホームページ開設のご案内

打楽器奏者ヘニョハロこと泉純太郎です! ティンパニ奏者を目指して日々勉強中! どうぞよろしく。
QRコード
ウィーン・ティンパニー製造工房の日本担当様よりメールをいただいたので、ご案内させていただきます。

なんでも、2008年にできたばかりの新しい楽器メーカーらしいのですが、ウィーン・フィルをはじめとするオーストリアのオーケストラで広く使われているウィーン式ティンパニ(シュネラー式ティンパニ)を現代に復刻するという試みをされているそうです。

シュネラー式ティンパニというのは、いわゆるペダル・ティンパニではなく、ハンドル式で釜を上下させることによって圧力を変化させるタイプのティンパニのことです。20世紀の前半にウィーン宮廷歌劇場管弦楽団(現ウィーン国立歌劇場管弦楽団≒ウィーンフィル)でティンパニ奏者をしていたハンス・シュネラー氏が考案した楽器です。使っている皮も牛ではなくヤギだそうです。(ウィーンフィルのティンパニをよく見ると皮が真っ白だということがわかると思います。)

それで、何の案内かというと、このメーカーさんのホームページが近々公開されるということで、その案内なのです。 いまでもフォトギャラリーは見れます。正式公開は3月ということです。

嬉しいことに日本語ページがあります。
http://www.wien-pauken.com/jp/galleries/pauken

2nd blog 『雑多な事象を扱ったWeb上のLog。』(PC版携帯版
打楽器作品集 (協奏曲、ソロアンサンブル)/打楽器用語集教則本紹介管弦楽曲打楽器事典
CDライブラリー(一覧カテゴリ別) 人気blogランキング
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック