ヘニョハログ
Stick Attack (パーカッション・アート・カルテット)/CDライブラリー

打楽器奏者ヘニョハロこと泉純太郎です! ティンパニ奏者を目指して日々勉強中! どうぞよろしく。
QRコード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2nd blog 『雑多な事象を扱ったWeb上のLog。』(PC版携帯版
打楽器作品集 (協奏曲、ソロアンサンブル)/打楽器用語集教則本紹介管弦楽曲打楽器事典
CDライブラリー(一覧カテゴリ別) 人気blogランキング
Stick Attack
CDジャケット





Percussion Art Quartett - Stick Attack

Naxosで無料試聴

カタログ番号: CTH2113
ASIN: B0002XVRD4
レーベル:Thorofon
パーカッション・アート・カルテットは男性3人、女性1人で構成されたドイツの打楽器アンサンブル。非常に幅広いレパートリーを持っているそうです。

マリンバ・スピリチュアルは置いといて(笑)、全体的に非常にクオリティが高いです。
特にロサウロはお勧め。色彩感溢れる演奏が楽しめます。 
演奏者:Percussion Art Quartet
収録曲:
ジョン・ケージ - John Cage (1912-1992)
サード・コンストラクション - Third Construction
サード・コンストラクション(第3コンストラクションとも言う)は打楽器アンサンブルの古典とも言うべき名作。おもちゃ箱のように数多くの楽器を駆使する難曲としても知られています。打楽器奏者なら1度は取り組みたい曲です。

三木稔 - Minoru Miki (1930-)☆
マリンバ・スピリチュアル - Marimba Spiritual
言わずと知れた日本マリンバ音楽の名曲。「魂鎮め」「魂振り」の2部構成になっている。
この曲、個人的にどうしても外人さんの演奏には違和感を感じます。どれも一様に豪快(≠力強さ)で明るく、ノリノリなのです。掛け声も楽しそう(笑)なんだかなー、と思います。(日本人の演奏する西洋音楽はどうなんだと言われると反論はできませんが)
後半の太鼓の選択は、1st:カウベル?→ロートトム?、2nd:ティンバレス?、3rd:ティンパニ→カシシ?でしょうか。1stはアンヴィルのようにも聴こえます。掛け声は有る時と無い時がありますね。マリンバ、なぜか時々トリルを省略しています。

ジークフリート・フィンク - Siegfried Fink (1928-2006)☆
Tangents
ジークフリート・フィンクはドイツの打楽器奏者。打楽器音楽を発展に導いた作曲家の一人でもあります。ソロ、アンサンブルを問わず数多くの作品を遺しました。

ネイ・ロサウロ - Ney Rosauro (1952-)☆
ブラジルの神話 - Mitos Brasilieros
ロサウロはブラジルの打楽器、マリンバ奏者。日本では「マリンバと打楽器アンサンブルのための協奏曲」が有名ですが、他にも多くの曲を書いています。
そのうちの一つ、「ブラジルの伝説」は代表曲の一つ。アマゾンにでも迷い込んだかのような錯覚を覚える、遊び心溢れる、色彩豊かな楽しい曲です。

☆印の付いている項目はそれを紹介しているページがあります。
それ以外でリンクを張っている項目はブログ内に関連した記事があります。

打楽器アンサンブルのCDをもっと見る
打楽器作品集はこちら

2nd blog 『雑多な事象を扱ったWeb上のLog。』(PC版携帯版
打楽器作品集 (協奏曲、ソロアンサンブル)/打楽器用語集教則本紹介管弦楽曲打楽器事典
CDライブラリー(一覧カテゴリ別) 人気blogランキング
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。