ヘニョハログ
エマニュエル・パユ

打楽器奏者ヘニョハロこと泉純太郎です! ティンパニ奏者を目指して日々勉強中! どうぞよろしく。
QRコード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2nd blog 『雑多な事象を扱ったWeb上のLog。』(PC版携帯版
打楽器作品集 (協奏曲、ソロアンサンブル)/打楽器用語集教則本紹介管弦楽曲打楽器事典
CDライブラリー(一覧カテゴリ別) 人気blogランキング
カテゴリ:スポンサー広告
ジャンル:
最新記事のRSS | Page Top↑
前の記事: 古楽特集
次の記事: 最近読んだ本
エマニュエル・パユ&オーストラリア室内管弦楽団の演奏会に行ってきました!

オーストリアではありません、「オーストラリア」室内管です。正直初めて聴いたのですが、以前からパユ氏とは共演を重ねていたようです。今回の演奏会、目玉はなんと言ってもパユのフルート・ソロによるヴィヴァルディの協奏曲でしょう。ありえないくらい上手いです(汗)あまりの完璧さに唖然としました(笑)パユによるバロック演奏、逸品です。
そしてパユに負けないくらいの質の高さを見せてくれたのがオーストラリア室内管の皆様。おそらく聴衆の99.9%はパユ目当てで来場していたと思われますが、パユ抜きで演奏された3曲(武満、ペルト、ベートーヴェン)で、素晴らしい演奏を聴かせてもらいました。特に現代曲が素晴らしかったです。指揮者なしで現代曲を演奏するとなると、全員が曲を完全に把握していないと簡単に崩壊してしまいますが、それを見事にやっていました。素晴らしいです。
特に印象的だったのは奏者間のコンタクト。あれこそアンサンブルというんでしょうね。

本日のプログラムは以下の通り
ヴィヴァルディ:フルート協奏曲集 op.10 より「夜」
武満徹:弦楽オーケストラのための《死と再生》(映画『黒い雨』より)
ヴィヴァルディ:フルート協奏曲集 op.10 より「ごしきひわ」
         :フルート協奏曲集 op.10 より「海のあらし」

ヴィヴァルディ :フルート協奏曲op.10 より第5番(この曲は当日発表)
ペルト:フラトレス
ベートーヴェン(リチャード・トネッティ編曲) :弦楽四重奏曲 第11番「セリオーソ」(弦楽合奏版)

ピアソラ:オブビリオン(アンコール)
ウォルトン:弦楽のためのソナタ 終楽章
2nd blog 『雑多な事象を扱ったWeb上のLog。』(PC版携帯版
打楽器作品集 (協奏曲、ソロアンサンブル)/打楽器用語集教則本紹介管弦楽曲打楽器事典
CDライブラリー(一覧カテゴリ別) 人気blogランキング
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。