ヘニョハログ
2010年02月

打楽器奏者ヘニョハロこと泉純太郎です! ティンパニ奏者を目指して日々勉強中! どうぞよろしく。
QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
ジャンル:
最新記事のRSS | Page Top↑
Georg Druschetzky: Works for Timpani and Orchestra
CDジャケット







NMLで無料視聴する

カタログ番号: HCD-32236
ASIN: B0007WFXXA
レーベル:Hungaroton
昨年没後190年を迎え、ハイドンやモーツァルトと同じ時代を生きた作曲家、ゲオルク・ドルシェツキーのティンパニ協奏曲集。作曲者自身がティンパニの経験があったこともあり(というかかなりの腕前だったらしい)、数少ない古典派のティンパニ作品を生み出しました。そしておそらく唯一の古典的な意味での調性をもったティンパニ協奏曲でもあります。(他にあったとしてもまったく知られていません)
曲はというと、もし、ハイドンやモーツァルトがティンパニ協奏曲を書いていたらこんな感じだっただろうなって感じです。古典派の様式とティンパニの音色が調和していて、お見事です。
お勧めの1枚。
演奏:
ゾルターン・ラーツ - Zoltan Racz (Timpani)
ラヨシュ・レンチェス - Lajos Lencses (Oboe)
Zsolt Szefcsik (Violin)
エルデーディ室内管弦楽団 - Erdody Chamber Orchestra
ジェルジ・ヴァシェギ - Gyorgy Vashegyi (Conductor)
作曲:Georg Druschetzky (1745-1819)

収録曲:
①-③6台のティンパニのための協奏曲 Concerto for Six Timpani and Orchestra
④-⑥オーボエと8台のティンパニのための協奏曲 Concerto for Oboe, Eight Timpani and Orchestra
⑦-⑩6台のティンパニと管弦楽のためのパルティータ Partita for Six Timpani and Orchestra
⑪-⑭Gran Sinfonia
⑮Ungaria
打楽器協奏曲のCDをもっと見る
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。