ヘニョハログ
2009年02月

打楽器奏者ヘニョハロこと泉純太郎です! ティンパニ奏者を目指して日々勉強中! どうぞよろしく。
QRコード

あまりこういう話題をこのブログで取り上げたくはないのですが・・・。

大阪府の暴挙↓
http://www.sankei-kansai.com/2009/02/11/20090211-006268.html

3700万という数字がどうなのかはわかりませんが・・・。なぜか支持率が高いし、黒字という「結果」(これのためにどれだけの人が犠牲になっているか・・・まあ、大多数の人が恩恵に預かっているから支持率は高くなるんでしょうけど)を出しているだけに、誰も止められないのかもしれませんが。
文化芸術に一切の興味がなく、「心」を育てることに関心がないというのは、彼の言葉遣いに露骨に表れていますよね。(日本第2の都市の長が全国ネットで馬鹿馬鹿連発するくらいですから)。
遅ればせながら・・・今年のグラミー賞が発表されました。ラインナップは以下の通り
☆マークの付いたものはNaxos Music Libraryで無料試聴できます。

ベスト・クラシカル・アルバム&オペラ部門最優秀賞
クルト・ヴァイル:歌劇『マハゴニー市の興亡』全曲
ジョン・ドイル演出、ジェイムズ・コンロン指揮&ロスアンジェルス・オペラ管弦楽団&合唱団
icon
DVD、日本語字幕無し。多分そのうち国内盤が出るとは思いますが。

オーケストラ部門最優秀賞
ドミートリ・ショスタコーヴィチ:交響曲第4番
ベルナルト・ハイティンク指揮&シカゴ交響楽団
icon
ボーナスDVD付き。一部日本語字幕あり。

合唱部門最優秀賞
イーゴル・ストラヴィンスキー:交響曲集
サイモン・ラトル指揮&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団
icon
これはかなりお勧めです。詩篇交響曲、3楽章の交響曲、ハ調の交響曲に加え、日本盤のみ管楽器のための交響曲が収録されています。演奏もすごくいいです。ストラヴィンスキーは3大バレエしか知らないという方に☆

協奏曲部門最優秀賞
シェーンベルク&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
ヒラリー・ハーン(Vn)、エサ・ペッカ・サロネン指揮&スウェーデン放送交響楽団
icon
これもかなりお勧め。ヘニョハロ一押のヴァイオリニスト、ヒラリー・ハーンのシェーンベルクです。個人的にシベリウスはどうでもいい(爆)

器楽部門最優秀賞
サロネン、スタッキー&ルトスワフスキー:ピアノ作品集 グロリア・チェン(Pf) icon

室内楽部門最優秀賞
エリオット・カーター:弦楽四重奏曲集
パシフィカ・クァルテット
icon
生誕100年を向かえ、半ば御神体扱いのアメリカの現役作曲家、エリオット・カーターの弦楽4重奏曲集。NMLで無料試聴できます。

小編成アンサンブル部門最優秀賞
汚れなきバラ~聖母マリアへの賛歌
チャールズ・ブルフィー指揮&フェニックス・コーラル
icon
非常に美しい合唱曲集。NMLで無料試聴できます。

声楽部門&現代音楽部門最優秀賞
ジョン・ココリアーノ:『Mr.タンブリンマン』『3つの幻覚』
ヒラ・プリトマン(Sp)、ジョアン・ファレッタ指揮&バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団
icon
ボブ・ディランの詩を基にしたという声楽作品『Mr.タンブリンマン』と管弦楽作品『3つの幻覚』のカップリング。とても面白いです。NMLで無料試聴できます。

クロスオーヴァー部門最優秀賞
The King's Singers Simple Gifts icon
NMLで無料試聴できます。

企画部門最優秀賞
ヨーヨー・マ&CSOによる「シルクロード・シカゴ」 icon

サン=サーンス:『動物の謝肉祭』、プーランク:『典型的動物』
CDジャケット





カタログ番号: TOCE-13133
ASIN: B0009OAU16

レーベル
icon
フランスを代表する2人の作曲家、サン=サーンスとプーランクの、共に動物を題材とした作品集。サン=サーンスの『動物の謝肉祭』はあまりにも有名な作品ですが、プーランクの『典型的動物』を知っている方はそれほど多くないのではないでしょうか?
『典型的動物』あるいは『模範的な動物たち』などと訳されるこの曲は、もともとはパリ・オペラ座のために書かれたバレエ音楽です。ラ・フォンテーヌという詩人が書いた『寓話』という作品から題材を得て、6つの音楽から構成されています。
フランスの香り漂う2つの作品、聴き比べると面白いです。
あ、ちなみに今年はプーランク生誕110年です☆
演奏:ジョルジュ・プレートル(指揮) Georges Pretre (Conductor)
パリ音楽院管弦楽団
アルド・チッコリーニ(ピアノ) Aldo Ciccolini (Piano)
アレクシス・ワイセンベルク(ピアノ) Alexis Weissenberg (Piano)
収録曲:
カミーユ・サン=サーンス Camille Saint-Saens (1835-1921)
組曲『動物の謝肉祭』

フランシス・プーランク Francis Poulenc (1899-1963)
組曲『典型的動物』
オーケストラのCDをもっと見る
近代音楽のCDをもっと見る
推薦盤の一覧
Zelenka:Missa Dei Filii,Litaniae Lauretanae








カタログ番号: 82876.60159
ASIN: B0001HQ2UO
レーベル:レーベル:Deutsche Harmonia Mundi
ドイツ・ハルモニア・ムンディ50周年記念ボックスからの1枚
今年生誕330年を迎えたドレスデンの作曲家、ゼレンカの宗教音楽集。バッハとほぼ同時代を生き、バッハから高い評価を得た作曲家の一人。昇進に恵まれず、晩年までコントラバス奏者兼副楽長の地位に甘んじていた。バッハとは違い、時代の流れに従った様式の曲を書こうとした時期もあったが、あまり成功はしなかったようである。
音楽的には、バッハほど重厚ではなく、テレマンほど軽くはないといったところでしょうか。質素な中にも華やかさがある・・・そんな感じです。とても聴きやすい音楽だと思います。
収録曲:
ヤン・ディスマス・ゼレンカ - Jan Dismas Zelenka (1679-1745)
『神の御子のミサ曲』 ZWV.20 - Missa Dei Filii ZWV 20
『聖母マリアのためのリタニア』 ZWV.152 - Litaniae Lauretanae ZWV 152

演奏:
ナンシー・アージェンタ (ソプラノ) - Nancy Argenta (Soprano)
マイケル・チャンス (カウンターテナー) - Michael Chance (Countertenor)
クリストフ・プレガルディエン (テノール) - Christoph Pregardien (Tenore)
Gordon Jones (Basso)
シュトゥットガルト室内合唱団 - Kammerchor Stuttgart
ターフェルムジーク・バロック・オーケストラ - Tafelmusik Baroque Orchestra
フリーダー・ベルニウス (指揮) - Frieder Bernius (Conductor)
古楽のCDをもっと見る
ライヒ:六重奏曲,6台のマリンバ
CDジャケット

Amazon
国内盤輸入盤









Manhattan Marimba Quartet, Steve Reich & Steve Reich and Musicians - Steve Reich: Sextet - Six Marimbas

カタログ番号
国内盤: WPCS-5055
輸入盤: 7559.79138

ASIN
国内盤: B00005HHG0
輸入盤: B000005IY0

レーベル
国内盤:ワーナー・ミュージック・ジャパン
輸入盤:Nonesuch
スティーブ・ライヒは「ミニマム・ミュージック」の創始者の一人であり、その技法を完成し、それを踏まえてさらに新たな音楽を創出している天才作曲家です。
執拗に反復するその音楽はテクノ音楽の祖となり、ジャンルを超えて様々なアーティストに影響を与えています。

ライヒの音楽は創作時期によって分類されており(まだ彼が存命中なのでその数は決定していない)、「6台のマリンバ」は第2期、「6重奏曲」は第3期に分類されおり、いずれも傑作として広く演奏され、親しまれています。
演奏: スティーブ・ライヒ - Steve Reich
ネクサク - Nexus
マンハッタン・マリンバ・カルテット - Manhattan Marimba Quartet

収録曲:
スティーブ・ライヒ - Steve Reich
①-⑥六重奏曲 - Sextet
⑦六台のマリンバ - Six Marimbas
打楽器アンサンブルのCDをもっと見る
打楽器作品集はこちら