ヘニョハログ
2006年09月

打楽器奏者ヘニョハロこと泉純太郎です! ティンパニ奏者を目指して日々勉強中! どうぞよろしく。
QRコード

毎年恒例小谷門下生による打楽器&マリンバソロコンサートの日程が決まりました!
10月31日(火)18:00~ 宝塚市ベガホールにて

ヘニョハロは福士則夫先生のシリカを演奏します。ピアノはあのぴよぴよさんです☆
今日から打楽器オーケストラの集中練習が始まりました。
いや、まさに体力勝負です。1,2年生は事実上見学なので数えないものとして、だいたい30人くらいの人間が、配られて間もない楽譜を前に奮闘中です。でもみんなまだ曲が頭に入ってないので、誰かがミスると道連れになる人が出てきます。怖い怖い(>_<)

そうそう、マリンバの位置から聴いたら、打楽器の音ってこんなに聞こえてなかったのかと思います。(単純に入れなかったこともあるとしても)力づくの音は絶対に飛ばないんだろうなあとしみじみ思いました。

はい、後2日頑張るぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!
コンチェルトの結果がでました(>_<)自分では予測していた結果です。つーか演奏が終わった時点でわかってましたが。
落選です(泣)これはこれで現実として受け止めないと駄目ですね。

あと、打オケのパート割が発表されました。
っっって、確かにマリンバが良かったけど、確かにバスマリンバは好きだけど、今まで一度も打オケのマリンバを経験していない人間に、いきなりトップやれってか?いや、抜擢されるのは嬉しいけど、不安です(>_<)


おっと、そろそろ本題に入ります★
いよいよ明日、
大阪音楽大学打楽器専攻生有志によるアンサンブルコンサート
開演18時、大阪音楽大学ミレニアムホールにて

是非是非お越しください♪
ザ・カレッジ・コンチェルト・コンサートの一次オーディションの結果が出ました。運よく二次に進むことが出来ましたこれで少なくともあと2日はジョリヴェさんと付き合うことになります(笑)

親や師匠にいい報告が出来るように頑張ります

チャイコフスキー&ドヴォルザーク 弦楽セレナード








カタログ番号: UCCP-7079
ASIN: B0009N2VZ0
レーベル: ユニヴァーサル・ミュージック icon
なんとなく手にとってそのまま購入してしまったこの1枚。最近では珍しく「当たり」でした(笑)
この音源において指揮をしているコリン・デイヴィスはピアノが弾けなかったがために指揮科に入ることができず、独学で指揮を勉強したという超叩き上げの匠。今やイギリスを代表する指揮者として、「サー」の称号をも得ている巨匠です。バイエルン放送交響楽団弦楽器セクションの非常に美しい澄んだ響きが印象的な一枚です。お勧め!
バイエルン放送交響楽団
指揮:サー・コリン・デイヴィス

収録曲:
ピョートル・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky
弦楽セレナード ハ長調 作品48

アントニン・ドヴォルザーク
弦楽セレナード ホ長調 作品22
推薦盤の一覧はこちら

V

おかげさまでザ・カレッジ・アンサンブル・コンサートのオーディション無事2曲とも通過することが出来ました!

が、まだ安心はできません。明日はザ・カレッジ・コンチェルト・コンサートの1次予選なのです(>_<)今年も受験者は多そうだという情報が流れています。やばい。これはやばい。


…………………………まあそれはさておき、11月22日、ザ・カレッジ・アンサンブル・コンサート、是非聴きにいらしてください!!!
明日はいよいよザ・カレッジ・アンサンブルコンサートのオーディションです。

ヘニョハロは中澤道子氏のマリンバ四重奏「日本の四季」と、湯山昭氏の異色コラボレーション、マリンバとアルトサクソホーンの為の「ディベルティメント」で受験します。

ああ土器土器
脅威の吹奏楽3日間5回公演(!!!!)も昨日で終わり、本音としては一息つきたいヘニョハロです(>_<)久しぶりの更新となってしまいました(++)

後は20日のアンサンブル演奏会に向けて突っ走るのみ!・・・・・・・・・・・・・・・・・といいたいところですが、11日にはザ・カレッジ・アンサンブル・コンサートのオーディション・・・×2、13日にはザ・コンチェルト・コンサートの1次オーディション(運よく通れば16日に2次)が待っています。

さらに、演奏会が終わったのも束の間、23日からは打楽器オーケストラの集中練習が始まります。

西洋音楽史と比較文化論のレポートもできてないし、10月以降にもみっちり演奏会が詰まっている(参照)ので、当分休めないですね(;;)まあ、演奏家にとって忙しさは幸せなんですが。