ヘニョハログ
現代音楽CD

打楽器奏者ヘニョハロこと泉純太郎です! ティンパニ奏者を目指して日々勉強中! どうぞよろしく。
QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
ジャンル:
最新記事のRSS | Page Top↑
Maurice Jarre: Concert Works




カタログ番号: FMS1201
レーベル: Film Score Monthly
あの打楽器ソロ作品、モーリス・ジャールの「古典組曲」のCDがついに出ました!
・・・・・・ただし、はっきり言って下手糞です(失礼)
その代わり(?)打楽器とオンドマルトノの作品など、興味深い曲が多数収録されています。
演奏者:
セルジュ・ボド - Serge Baudo指揮
Orchestre de la Radiodiffusion Française
ジャンヌ・ロリオ - Jeanne Loriot(オンド・マルトノ)
Louis Froment指揮 Orchestre Du Club d'Essai
Louis Fremeaux指揮
フランス国立管弦楽団 - Orchestre National de France
Charles Bruck指揮 Orchestre Radio-Symphonique de Strasbourg
Devy Erlih(ヴァイオリン)
Christiane Millerioux(打楽器)
Aline Le Gall(ピアノ)
作曲:モーリス・ジャール - Maurice Jarre(1924 - 2009)

収録曲:
オンド・マルトノと打楽器のための3つのダンス - Three Dances for Ondes Martenot and Percussion
オンド・マルトノを弾いているのはなんとあのジャンヌ・ロリオ。メシアンの妻イヴォンヌ・ロリオの妹です。

アルテュール・オネゲルの想い出へのパッサカリア - Passacaglia to the Memory of Arthur Honegger

夜警 - The Night Watch

ヴァイオリンとオーケストラのためのモビール - Mobiles for Violin and Orchestra

打楽器とピアノのための古典組曲 - Ancient Suite for Percussion Instruments and Piano
打楽器ソロのCDをもっと見る
打楽器作品集はこちら
スポンサーサイト
Flutes and Percussions






Naxosで無料試聴

カタログ番号:1C1032
ASIN: B0000285FH
レーベル: Timpani icon
フルートと打楽器による2重奏作品集。あまり演奏されることのない曲を中心に収録されています。各曲の印象などは下記参照のこと。
演奏:Duo Hyksos
アンリ・トゥルニエ - Henri Tournier(フルート)
ミシェル・ガストー - Michel Gastaud (打楽器)
収録曲と解説:
・Petros Korelis (1955-):
クロノス II - Cronos II
これはよくあるタイプの民族チックな作品。打楽器はヴィブラフォンなど金属楽器を中心として、時に太鼓系打楽器を使いながらフルートの合間を縫うように挿入されます。どことなく野田暉行の「エクローグ」を連想する音楽です。

・Jean-Jacques Di Tucci (1958-):
Etude pour Ramypide
これはマリンバソロの作品。一定のリズムに乗せて和音とメロディーを展開するタイプの曲。マリンバ・ソニックに似ている。

・Roger Lersy (1920-):
シャガールの記憶 - A la memoire de Chagall
わりと陰鬱な雰囲気の音楽。マリンバの和音に乗せてフルートが現代風なメロディーを奏でます。

・Francois Rosse (1945-):
…fur ein Sandkornchen von Osten…
陰鬱なヴィブラフォン独奏で始まり、尺八風のフルートのロングトーンが加わってくる。しばらくするとフルートがパーカッシヴ・トーンを奏で始め、打楽器も太鼓やウッドブロックに移り「動」の音楽が始まり、その後フルートが東洋風のメロディーを奏で、再び「静」の音楽へ。やがて野生的な部分が始まるがすぐに「静」の音楽に戻る。打楽器の使い方もかなり効果的で、面白い1曲

・Alain Feron (1954-):
タ・ウィル - Ta Wil, Op. 11
これはティンパニ・ソロの曲。エリオット・カーターやミハエル・カルスも顔負けの完成度の高い音楽。素晴らしい。

・ジャチント・シェルシ - Giacinto Scelsi (1905-1988):
ヒクソス - Hyxos
再び民族調の音楽。ゴングで始まり、哀愁漂う和風のフルートソロが続きます。これも東洋風に「静」と「動」が交互に現れる類の音楽。

・平義久 - Yoshihisa Taira :
マヤ - Maya
フルート・ソロ作品。冒頭から掛け声交じりで開始。どこか武満作品を髣髴とさせる。(”Voice”のことを言っているのではなく、作品を覆っている雰囲気そのものが武満風。)個人的には武満徹のほうが好き。

・ジャン=イヴ・ナヴィエル - Jean-Yves Naviner (1966-):
雨の色 - D'une pluie la couleur
どこか雨乞いの儀式を連想させる音楽で始まる。・・・というか、曲名そのものの音楽である。
打楽器とほかの楽器とのアンサンブルのCDをもっと見る
夜は紫紺色に明けて 福士則夫室内楽作品集








カタログ番号: 32CM-288
ASIN: B000050PT5
レーベル: カメラータ
現代日本を代表する作曲家福士則夫の室内楽作品集。福士則夫はヘニョハロが最も好きな日本人作曲家の一人。楽器を熟知した上での音楽。お勧めです。
演奏者:吉原すみれ (打楽器)①藤井一興 (ピアノ)②菅原淳 (ヴィブラフォン)②(打楽器)⑤⑥谷朱美 (箏)③石井光子 (ヴァイオリン)④-⑥小泉浩 (フルート)④⑤⑦十亀正司 (クラリネット)④⑤松倉利之 (打楽器)④⑤佐藤紀雄 (指揮)④⑤、(ギター)⑦
福士則夫 Norio Fukushi(born 1945)
ソロ・パーカッションのための「グラウンド」
"GROUND"for solo percussion (1976)

②ピアノとヴィブラフォンのための「シリカ」
"SILICA"for piano and vibraphone (1977)

③独奏箏のための「亀」
"KAME"for koto solo (1982)

④ミカ I MICA I (1979)

⑤ミカ II MICA II (1984)

⑥ヴァイオリンと打楽器のための「リスコントロ」
"RISCONTRO"for violin and percussion (1990)

⑦夜は紫紺色に明けて
DAWN BRIGHTENS THE DAY OF MORTALS ROBED IN PURPLE (1992)
近現代音楽のCDをもっと見る
打楽器とほかの楽器とのアンサンブルのCDをもっと見る
打楽器ソロのCDをもっと見る
打楽器作品集はこちら
辞書(英語)で、「Music」の前が「Mushroom」であるという理由でキノコが好きになり、キノコ学者としても名を馳せた作曲家、ジョン・ケージの珍しい2曲が収められたCD。どこで何が飛び出すかわからない刺激的な音楽をお楽しみください。
John Cage: Concert for Piano and Orchestra






Naxosで無料試聴する

ASIN: B000025S6D
カタログ番号: WER-6216-2
レーベル: Wergo icon
現代アメリカ音楽の代表的作曲家、ジョン・ケージ。4分33秒や打楽器のための「コンストラクション」(全3作)を作曲した人です。様々な楽器の可能性を「実験」し、奏法を開拓していった人の先駆けのような人です。
このCDに収められている"Concert for Piano and Orchestra"は、一瞬「ピアノ協奏曲」と訳してしまいそうですが、よく見ると"Concerto"ではなく、"Concert"ですね。ただ、曲の内容的には「ピアノ協奏曲」だと思っていただければいいかと思います。まさに「実験」世代の音楽らしく、どこで何が飛び出してくるかわかりません(笑)ケージの音楽ですので、当然「偶然性」の要素も入っていると思われますが、楽譜を見たことが無いのでなんとも言えないです。面白い1枚です。(現代前衛音楽が苦手な方は拒絶反応起こしそうですが・・・・・。)
The Orchestra of the S.E.M. Ensemble
Petr Kotik (指揮)
Joseph Kubera (Piano)

ジョン・ケージ
John Cage(1912-1992)

①ピアノと管弦楽のコンサート  Concert for Piano and Orchestra 27'44"

②黄道の地図  Atlas Eclipticalis  41'18"
近現代音楽のCDをもっと見る
CD&DVDライブラリー一覧(PC用サイト)
推薦盤の一覧はこちら
武満徹








Naxosで無料試聴

カタログ番号:8.555859
ASIN: B0000896R6
レーベル: Naxos
日本を代表する作曲家、武満徹の室内楽作品集。『そして、それが風であることを知った』や『雨の樹』、『海へ』といった代表作が収録。フルートソロの三部作も揃っています。個人的に、武満作品には水にまつわるタイトルを持った曲が多いように思います。独特の漂うような空気感に適していたのかもしれませんね。
演奏者:
ニュー・ミュージック・コンサーツ・アンサンブル - New Music Concerts Ensemble
ロバート・エイトケン (Fl) - Robert Aitken
ホアキン・バルデペニャス (Cl) - Joaquin Valdepenas
スティーヴン・ダン (Va) - Steven Dann
ロビン・エンゲルマン (Perc) - Robin Engelman
ジョン・ワイヤー (Perc) - John Wyre
ボブ・ベッカー (Perc) - Bob Becker
ラッセル・ハーテンバーガー (Perc) - Russel Hartenberger
ライアン・スコット (Perc) - Ryan Scott
エリカ・グッドマン (Hp) - Erica Goodman
サンヤ・エン (Hp) - Sanya Eng
デーヴィッド・スワン (Pf) - David Swan
ノーバート・クラフト (Gt) - Nobert Kraft
作曲:武満徹 - Toru Takemitsu

1.そして、それが風であることを知った(フルート、ヴィオラとハープのための)
And Then I Knew 'Twas Wind for flute,viola and harp

2.雨の樹(3人の打楽器奏者のための)
Rain Tree for three percussion players


海へ(アルト・フルートとギターのための)
Toward the Sea for alto flute and guitar
3.夜  The Night
4.白鯨 Moby Dick
5.鱈岬 Cape Cod

6.ブライス(フルート、2台のハープ、マリンバと打楽器のための)
Bryce for flute,two harps,marimba and percussion

7.巡り-イサム・ノグチの追憶に(フルート独奏のための)
Itinerant for solo flute

8.ヴォイス(フルート独奏のための)
Voice for solo flute

9.エア(フルート独奏のための)
Air for solo flute

10.雨の呪文(フルート、クラリネット、ハープ、ピアノとヴィブラフォンのための)
Rain Spell for flute,clarinet,harp,piano and vibraphone
邦人作曲家のCDをもっと見る
近現代音楽のCDをもっと見る
星々の降りそそぐ秋へ 福士則夫作品集

ASIN: B0007TFCZC


icon

カタログ番号: FOCD-2558
レーベル: フォンテック icon
作曲:福士則夫

①弦楽、フルート、打楽器のための「ZONE」
独奏ヴァイオリン:田中千香士独奏フルート:小泉浩弦楽合奏:東京コンサーツ打楽器:有賀誠門・百瀬和紀・今村三明
指揮:岩城宏之

②打楽器とオーケストラのための「クロモスフィア」
打楽器:吉原すみれ管弦楽:東京交響楽団
指揮:十束尚宏

③2台のピアノとオーケストラのための「星々の降りそそぐ秋へ」
ピアノ:川上剋美・菅祥久管弦楽:東京交響楽団
指揮:小鍛冶邦隆

④5人の打楽器奏者のための「トリプレクス」
パーカッション・ミュージアム菅原淳加藤恭子村瀬秀美小林巨明横田大司

⑤手のための「ていろ」
パーカッション・ミュージアム菅原淳木村達志小磯敏夫小林巨明堀尾向男松下真也村居勲横田大司
現代日本の代表的作曲家の一人である福士則夫さんの作品集です。5曲中4曲のタイトルに「打楽器」またはそれに関連する言葉が入っています(w
全体的に難解な音楽ですが、理解不能とまではいかないでしょうか。
打楽器アンサンブルのCDをもっと見る
打楽器とほかの楽器とのアンサンブルのCDをもっと見る
現代音楽のCDをもっと見る
邦人作曲家のCDをもっと見る

打楽器作品集はこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。