ヘニョハログ
Toru-Takemitsu

打楽器奏者ヘニョハロこと泉純太郎です! ティンパニ奏者を目指して日々勉強中! どうぞよろしく。
QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
ジャンル:
最新記事のRSS | Page Top↑
Time for Marimba






Daniella Ganeva - Time for Marimba

Naxosで無料試聴

カタログ番号: SIGCD057
ASIN: B0007Y0DD8
レーベル: Signum Classics
Daniella Ganevaによる日本マリンバ音楽作品集。外人のノリで日本の情緒を豪快に(笑)表現しています。日本は世界的に見ても異常なくらいマリンバ人口が多く、その分作品も多いので、外人さんが邦人作曲家を取り上げるのはそう珍しくはないのです。日本人指揮者が「ロシア音楽集」とか「フランス音楽集」みたいな演奏会やCD製作を行うのに似てるかもしれないですね。
それにしても、「マリンバ・スピリチュアル」はノリノリすぎです(爆)
演奏者:
Daniella Ganeva (パーカッション)
サイモン・ハラーム - Simon Haram (アルト・サクソフォン)
Graham Cole, Graham Instrall, Gary Kettel, Gillian McDonagh (打楽器)
収録曲:
三木稔 - Minoru Miki (1930-)☆
マリンバ・スピリチュアル - Marimba Spiritual
言わずと知れたマリンバ音楽の超名曲。独奏マリンバと3人の打楽器奏者による熱気溢れる音楽。

安倍圭子 - Keiko Abe (1937-)☆
桜の幻影 - Dream of the Cherry Blossoms☆
「さくらさくら」をモチーフにしたヴァリエーション(?)安倍圭子氏は日本のみならず、世界を代表するマリンバ奏者、作曲家。マリンバ奏者は一度は取り組みたい曲。技術的にはそれほど難しくない。

武満徹 - Toru Takemitsu (1930-1996)
雨の樹 - Rain Tree
世界の武満の代表作。2台のマリンバとヴィブラフォン、それぞれにアンティーク・シンバルを加えた3重奏。本来は照明とシンクロする珍しい曲。本当に雨の雫が滴っているような曲想が印象的。

三木稔 - Minoru Miki (1930-)☆
マリンバのための「時」 - Time for Marimba
4オクターブマリンバで演奏できる曲で、実用に耐えられる中身を有した貴重な一曲。

湯山昭 - Akira Yuyama (1932-)
マリンバとアルト・サクソフォーンのためのディヴェルティメント - Divertimento
数あるマリンバとサックスの曲の中でおそらく最も演奏される超有名曲。この曲のマリンバパートも4オクターブです。ジャズ風のノリのいけいけな曲。

田中利光 - Toshimitsu Tanaka
マリンバのための2章 - 2 Movements for Marimba
☆印の付いている項目はそれを紹介しているページがあります。
それ以外でリンクを張っている項目はブログ内に関連した記事があります。

打楽器アンサンブルのCDをもっと見る
打楽器ソロのCDをもっと見る
打楽器と他の楽器とのアンサンブルのCDをもっと見る
打楽器作品集はこちら
スポンサーサイト
パーカッション・ミュージアム
CD パーカッション・ミュージアム(菅原淳とその仲間達、デビューアルバム!)

Amazon

Yahoo!ショッピング

カタログ番号: KICC-216
ASIN: B00005F6JF
レーベル: キング・レコード
元読売日本交響楽団首席ティンパニ奏者の菅原淳さんが結成したヴィルトゥオーゾ打楽器奏者の集団“パーカッション・ミュージアム”の一枚目のアルバム。
打楽器アンサンブルのスタンダード4曲と、菅原氏直々のアレンジによるシチェドリン版のカルメンが収録されています。
このCD、HMVやTower Recordsでは廃盤扱いになっているので、そろそろ手に入りにくくなるかもしれません。
演奏:パーカッション・ミュ-ジアム Percussion Museum
菅原淳
加藤恭子 神谷百子 木村達志 久保昌一 小磯敏夫 小林巨明 斉藤愛 高橋路子 堀尾尚男 松下真也 横田大司
収録曲:
ビゼー/シチェドリン Georges Bizet
・カルメン組曲(菅原淳編曲) Carmen Suite(arr.Sugahara)
菅原淳直々のアレンジ。これは以前紹介したシチェドリン版バレエ作品を基にしています。普段聴くカルメンとは一味違う演奏です。

武満徹 Toru Takemitsu
雨の樹 Rain Tree(1981)
言わずと知れた打楽器アンサンブルの古典的作品。本来は視覚的要素も取り入れられた作品。

オストリング Acton Ostling
・打楽器組曲 Suite for Percussion(1965)
1.膜面のための行進曲 March for Membranes
2.木のためのワルツ Dance O' Woods
3.金属たち Metallics
4.フィナーレ Finale
中高生向きのかわいらしくわかりやすい作品。1楽章は太鼓、2楽章は木、3楽章は金属、というように楽器を紹介していき、4楽章で全部を総動員してにぎやかに終わるという作品。楽器も手に入りやすいもので、演奏も割りと平易。演奏会で取り上げてもお客さんの反応がいい作品です。

ライヒ Steve Reich
・マリンバ・フェイズ Marimba Phase(1967)
もとは「ピアノ・フェイズ」というピアノデュオの作品。楽譜に「マリンバでも演奏可」とあることから、マリンバ2台で演奏することも多いです。ライヒ独特のトランスを楽しめます。

カルロス・チャベス Carlos Chavez
トッカータ Toccata(1942)
言わずと知れた打楽器アンサンブルの古典的作品。打楽器奏者なら知っておきたい名曲です。
打楽器アンサンブルのCDをもっと見る
打楽器作品集はこちら
推薦盤の一覧はこちら
輪彩




icon

Kroumata Percussion Ensemble & Keiko Abe - Miki - Takemitsu - Nishimura: Japanese Percussion Music

Naxosで無料試聴

カタログ番号: BIS-462
ASIN: B000027EFL
レーベル:BIS
世界的マリンバ奏者、安倍圭子と世界一の打楽器アンサンブルの一つ、クロウマタ打楽器合奏団とが競演した奇跡のアルバム。
松下作品以外マリンバ・ソロ&打楽器アンサンブルの楽曲です。特に武満徹の『雨の樹』と三木稔の『マリンバ・スピリチュアル』は今や打楽器奏者にとってなくてはならない曲となっています。
何よりも注目すべきはクロウマタのアンサンブル能力、音色。世界一と言われる所以ここにあり、といったところでしょうか。お勧めの1枚。
演奏者:
安倍圭子 - Keiko Abe (マリンバ)☆
クロマータ打楽器合奏団 - Kroumata Percussion Ensemble
収録曲:
西村朗 - Akira Nishimura
・カーラ - Kala

三善晃 - Akira Miyoshi (1936-)
・輪彩 - Circling Colour

武満徹 - Toru Takemitsu (1930-1996)
雨の樹 - Rain-tree☆

松下功 - Isao Matsushita (1950-)
・Airscope II

三木稔 - Minoru Miki (1930-)☆
マリンバ・スピリチュアル - Marimba Spiritual☆
☆印の付いている項目はそれを紹介しているページがあります。
それ以外でリンクを張っている項目はブログ内に関連した記事があります。

打楽器ソロのCDをもっと見る
打楽器アンサンブルのCDをもっと見る
打楽器作品集はこちら
エマニュエル・パユ&オーストラリア室内管弦楽団の演奏会に行ってきました!

オーストリアではありません、「オーストラリア」室内管です。正直初めて聴いたのですが、以前からパユ氏とは共演を重ねていたようです。今回の演奏会、目玉はなんと言ってもパユのフルート・ソロによるヴィヴァルディの協奏曲でしょう。ありえないくらい上手いです(汗)あまりの完璧さに唖然としました(笑)パユによるバロック演奏、逸品です。
そしてパユに負けないくらいの質の高さを見せてくれたのがオーストラリア室内管の皆様。おそらく聴衆の99.9%はパユ目当てで来場していたと思われますが、パユ抜きで演奏された3曲(武満、ペルト、ベートーヴェン)で、素晴らしい演奏を聴かせてもらいました。特に現代曲が素晴らしかったです。指揮者なしで現代曲を演奏するとなると、全員が曲を完全に把握していないと簡単に崩壊してしまいますが、それを見事にやっていました。素晴らしいです。
特に印象的だったのは奏者間のコンタクト。あれこそアンサンブルというんでしょうね。

本日のプログラムは以下の通り
[エマニュエル・パユ]の続きを読む
武満徹








Naxosで無料試聴

カタログ番号:8.555859
ASIN: B0000896R6
レーベル: Naxos
日本を代表する作曲家、武満徹の室内楽作品集。『そして、それが風であることを知った』や『雨の樹』、『海へ』といった代表作が収録。フルートソロの三部作も揃っています。個人的に、武満作品には水にまつわるタイトルを持った曲が多いように思います。独特の漂うような空気感に適していたのかもしれませんね。
演奏者:
ニュー・ミュージック・コンサーツ・アンサンブル - New Music Concerts Ensemble
ロバート・エイトケン (Fl) - Robert Aitken
ホアキン・バルデペニャス (Cl) - Joaquin Valdepenas
スティーヴン・ダン (Va) - Steven Dann
ロビン・エンゲルマン (Perc) - Robin Engelman
ジョン・ワイヤー (Perc) - John Wyre
ボブ・ベッカー (Perc) - Bob Becker
ラッセル・ハーテンバーガー (Perc) - Russel Hartenberger
ライアン・スコット (Perc) - Ryan Scott
エリカ・グッドマン (Hp) - Erica Goodman
サンヤ・エン (Hp) - Sanya Eng
デーヴィッド・スワン (Pf) - David Swan
ノーバート・クラフト (Gt) - Nobert Kraft
作曲:武満徹 - Toru Takemitsu

1.そして、それが風であることを知った(フルート、ヴィオラとハープのための)
And Then I Knew 'Twas Wind for flute,viola and harp

2.雨の樹(3人の打楽器奏者のための)
Rain Tree for three percussion players


海へ(アルト・フルートとギターのための)
Toward the Sea for alto flute and guitar
3.夜  The Night
4.白鯨 Moby Dick
5.鱈岬 Cape Cod

6.ブライス(フルート、2台のハープ、マリンバと打楽器のための)
Bryce for flute,two harps,marimba and percussion

7.巡り-イサム・ノグチの追憶に(フルート独奏のための)
Itinerant for solo flute

8.ヴォイス(フルート独奏のための)
Voice for solo flute

9.エア(フルート独奏のための)
Air for solo flute

10.雨の呪文(フルート、クラリネット、ハープ、ピアノとヴィブラフォンのための)
Rain Spell for flute,clarinet,harp,piano and vibraphone
邦人作曲家のCDをもっと見る
近現代音楽のCDをもっと見る
モーツァルトの没後250年にかき消されて(爆)あまり取り上げられていない音楽家たちを紹介します。

ヨハン・パッヘルベル:没後300周年
カール・マリア・フォン・ウェーバー:生誕220周年及び没後180周年
ヨハン・フリートリッヒ・フランツ・ブルクミュラー:生誕200周年
ヨハン・ミヒャエル・ハイドン(ヨーゼフ・ハイドンの弟)没後200周年
ロベルト・シューマン:没後150周年
エリック・サティ:生誕140周年
パブロ・カザルス:生誕130年
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー:生誕120周年
山田耕筰:生誕120周年
フランツ・リスト:没後120周年
アントン・ブルックナー:没後110周年
ドミートリイ・ショスタコーヴィチ生誕100周年
山葉寅楠(YAMAHA創業者):没後90周年
ジョン・コルトレーン生誕80周年
オットリーノ・レスピーギ:没後70周年
宮城道雄:没後50周年
クリフォード・ブラウン没後50周年
バド・パウエル没後40周年
武満徹 :没後10周年
こうやって見ていくと、「あれ?この人たちって同年代なんや」とか、「わりと最近の人やん」とかいろいろわかって面白いですね(w
[モーツァルト以外で今年生没年のキリがいい音楽家たち(2006/4/1追記)]の続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。