打楽器奏者ヘニョハロこと泉純太郎です! ティンパニ奏者を目指して日々勉強中! どうぞよろしく。
QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
ジャンル:
最新記事のRSS | Page Top↑
Katarzyna Mycka - Marimba Spiritual






Biao Li, Franz Bach, Klaus Dreher & Katarzyna Mycka - Marimba Spiritual

NMLで無料試聴

カタログ番号: Audite97.450
ASIN:B0000277YV
レーベル:audite
世界的マリンバ奏者、カタジーナ・ミチカ(カテジナ・ミツカ?)のアルバム。
中高生に人気があるロサウロのマリンバ協奏曲に始まり、前半はシュミットの『ガナイア』、安倍作品、マスランカ、滑稽な『マリンバソニック』など、キャッチーな(笑)曲が目白押し。
後半になるとコペツキ、フィンク、コッペル、スマッドベッグなど、有名な作曲家の曲だがあまり演奏されない曲が入ってきます。
最後はこのCDのタイトルトラックである名曲『マリンバ・スピリチュアル』。外人さんの演奏にしてはと言ってはなんですが、比較的日本的だと思います。
ミチカさんのマリンバ、楽器が良く歌います。マリンバ奏者にしては珍しいですね(爆)
演奏者:
カタジーナ・ミチカ - Katarzyna Myćka(マリンバ)

以下全員打楽器
イネケ・ウルフ - Ineke Wulf
トーマス・ケルチュ - Thomas Keltsch
ミヒャル・シュラー - Michael Schuller
クラウス・ドレハー - Klaus Dreher
フランツ・バッハ - Franz Bach
リ・ビャオ - Biao Li
ネイ・ロサウロ - Ney Rosauro (1952-)☆
マリンバ協奏曲(打楽器アンサンブルヴァージョン) - Concerto for Marimba and Percussion Ensemble

マティアス・シュミット - Matthias Schmitt (1958-)
ガナイア - Ghanaia☆

安倍圭子 - Keiko Abe (1937-)☆
わらべ歌による譚章 - Variations on Japanese Children's Songs

デイヴィッド・マスランカ - David Maslanka (1943-)
マイ・レディ・ホワイト - My Lady White

マルクス・ヘルト - Markus Halt
マリンバソニック - Marimbasonic

安倍圭子 - Keiko Abe (1937-)☆
桜の幻影 - Dream of the Cherry Blossoms☆

エックハルト・コペツキ - Eckhard Kopetzki (1956-)☆
エチュード・オマージュ II - Etude Hommage II

ジークフリート・フィンク - Siegfried Fink (1928-2006)☆
エチュード・ド・リュクス - Etudes de Lux

リッチ・オメラ - Rich O'Meara (1957-)
レストレス - Restless

アナス・コッペル - Anders Koppel (1947-)☆
マリンバ・ソロのための P.S. - P.S. for marimba solo

ポール・スマッドベック - Paul Smadbeck (1955-)
エチュード第1番 - Etude No. 1

三木稔 - Minoru Miki (1930-)☆
マリンバ・スピリチュアル - Marimba Spiritual ☆
☆印の付いている項目はそれを紹介しているページがあります。
それ以外でリンクを張っている項目はブログ内に関連した記事があります。

打楽器ソロのCDをもっと見る
打楽器アンサンブルのCDをもっと見る
打楽器作品集 (協奏曲、ソロ/アンサンブル
スポンサーサイト
Nick Parnell - Generally Spoken It's Nothing But Rhythm




NMLで無料試聴

カタログ番号:ABC4762838
ASIN:B00080SE6E
レーベル:ABC Classics
よく演奏される打楽器のオリジナル曲と、アルベニスの作品が収録されています。安倍圭子の3作品はマリンバ奏者必修の楽曲。シュミットの「ガナイア」も最近流行っているようです。ジブコヴィッチの"Generally Spoken It's Nothing But Rhythm"は結局どう訳すのかはよくわからず(汗)。ロサウロの「ラプソディ」は、これは風景描写をしたり、ジャズ風の長いヴィブラフォン・ソロがあったりと、多彩な曲想変化が楽しめます。もともとオーケストラと打楽器ソロの曲なので、ピアニストはやや大変そう。使う楽器もかなり多いです。
演奏者:
Nick Parnell(マリンバ・打楽器)
Leigh Harrold(ピアノ)/Steve Todd(打楽器)
安倍圭子 - Keiko Abe (1937-)☆
タンブラン・パラフレーズ - Tambourin Paraphrase
山をわたる風の詩 - Wind Across the Mountains

イツァーク・アルベニス - Isaac Albeniz (1860-1909)
スペイン組曲 Op. 47 - 第5楽章 アストゥリアス - Suite espanola No. 1, Op. 47: V. Asturias (Leyenda)

マティアス・シュミット - Matthias Schmitt (1958-)
ガナイア - Ghanaia☆

ネボジャ・ヨハン・ジヴコヴィチ - Nebojša Jovan Živković
一般的に、それはただのリズムでしかない - Generally Spoken It's Nothing But Rhythm, Op. 21

安倍圭子 - Keiko Abe (1937-)☆
竹林 - Wind in the Bamboo Grove

ネイ・ロサウロ - Ney Rosauro (1952-)☆
ラプソディ - Rhapsody
☆印の付いている項目はそれを紹介しているページがあります。
それ以外でリンクを張っている項目はブログ内に関連した記事があります。

打楽器ソロのCDをもっと見る
打楽器作品集はこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。