ヘニョハログ
Ishii-Maki

打楽器奏者ヘニョハロこと泉純太郎です! ティンパニ奏者を目指して日々勉強中! どうぞよろしく。
QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
ジャンル:
最新記事のRSS | Page Top↑
Markus Hauke - SchlagArtig Percussion Solo




icon



NMLで無料試聴

カタログ番号: NCA60171-215
ASIN: B000MKYJTG
レーベル:New Classical Adventure
マルクス・ハウケはドイツの打楽器奏者および作曲家。このアルバムはかなり意欲的な選曲になっています。
まずは石井眞木 。数々の打楽器奏者が挑んできたこの曲をどう料理するかというのが注目すべき点なのですが、これがお見事。驚くほどよくまとまった好演です。
そしてハウケ氏の自作自演、ウォルフの大曲が続き、ケージ作品にいたります。ジョン・ケージといえば現代音楽の変態として名を馳せた天才ですが、ここでは小太鼓を巧みに使い、あらゆる奏法を駆使して真っ当な打楽器音楽に仕上げています(笑)ただ、ケージは言うまでもなく、偶然性の音楽を大成した人なので、どこまで楽譜に書かれているのかは不明です。
最後は打楽器独奏の傑作、ヤニス・クセナキスのプサッファで締めくくられます。これも非常にまとまった演奏。お勧めです。
演奏者:
マルクス・ハウケ - Markus Hauke (パーカッション)
収録曲:
石井眞木 - Maki Ishii (1936-2003)
サーティーン・ドラムス - 13 Drums, Op. 66

マルクス・ハウケ - Markus Hauke (1962-)
・Richard; ausatmen …

ブライアン・ウォルフ - Bryan Wolf (1960-)
・… and our words mingle like tears and our tears whisper like fire …

ジョン・ケージ - John Cage (1912-1992)
・コンポーズド・インプロヴィゼーションズ(スネア・ドラム編) - cComposed Improvisations (version for snare drum)

ヤニス・クセナキス - Iannis Xenakis (1922-2001)
プサッファ - Psappha
打楽器ソロのCDをもっと見る
打楽器作品集はこちら
スポンサーサイト

木と皮の鼓動-現代パーカッション作品集












カタログ番号: CMCD-15085
ASIN: B001TMEF2M
レーベル:カメラータ
日本を代表する打楽器奏者、元読売交響楽団首席ティンパニ奏者の菅原淳氏のソロ・アルバム。現代日本を代表する6人の作曲家から献呈された7作品が収録されています。中でも「樹霊」「サーティーン・ドラムス」は世界中で演奏される打楽器&マリンバ・ソロのスタンダード・レパートリー。北爪作品以外はいずれも出版されていて頻繁に演奏されています。お勧めの1枚。
演奏:菅原淳
収録曲:
福士則夫
ソロ・パーカッションのための『樹霊』 - ANIMA OF A TREE for solo percussion (1995)
マリンバ(4oct.)と5つのウッドブロック。まさに森がささやいてくるかのような音楽。

北爪道夫
シャドウズ III-A~打楽器ソロのための - SHADOWS III-A for 6 x 2 solo percussion (1976)
音質の違う2種類の木質楽器をそれぞれ6音ずつ使用する曲。ここでは6枚の板と6個の木魚で演奏されている。

一柳慧
リズム・グラデーション - RHYTHM GRADATION for solo timpani (1993)
4台のティンパニのための音楽。演奏しながら音を変えるという点以外でティンパニを使用する意味はほぼなし。

池辺晋一郎:
モノヴァランス IV~マリンバ等のために - MONOVALENCE IV for marimba etc. (1975)
マレットは用いない。指ではじく、つめで叩く、手のひらで・・・と言ったように様々な特殊奏法を駆使している。

高橋悠治
- THE WOLF (1988)
ドラム8、ゴング2、ウッドブロック3。小さなパターンのみ指定されており、演奏者はそれを即興で紡いでいく。

一柳慧
森の肖像 - PORTRAIT OF FOREST for solo marimba (1983)
マリンバ独奏。音楽を通じて環境問題を考えた作品だそうです。

石井眞木
打楽器ソロのための『サーティーン・ドラムス』作品66 - THIRTEEN DRUMS for percussion solo Op.66 (1985)
その名の通り13個の太鼓を使う。今では世界中で演奏されている打楽器音楽の重要なレパートリーの一つである。
打楽器ソロのCDをもっと見る
打楽器作品集はこちら
推薦盤の一覧はこちら
マルチ・パーカッションの難関曲、石井眞木Thirteen Drums。この曲を少しの練習とイメトレで暗譜しようとしているワタクシは無謀でしょうか(笑)

・・・・・・あと一月で
今日は関西打楽器協会主催のレクチャーに行って参りました。

曲目はチェイン(三宅一徳)、飛天生動III(石井眞木)、喜遊曲(加古隆)。それぞれ4/16の新人演奏会に出演予定の方たちが受講されていました。ちなみに、チェインで受講された2人のうち片方は大学の先輩、もう片方は他大学だけど同門の先輩でした。

どの曲においても吉原さんが強調されていたのは、「楽譜に忠実に」。まずは作曲者に敬意を払うということだと思います。さらう段階でいきなり表情をつけようとするのはあまりよくないとのこと。

吉原さんのソロも少しだけですが聞けたので、今日は満足♪
関連タグ : Ishii-Maki
カテゴリ:打楽器音楽全般
ジャンル:音楽 太鼓
最新記事のRSS | トラックバック:0 | Page Top↑
サ○ヤ書店さんから楽譜が用意できたと連絡があったので引き取りに行きました。
David Maslanka作曲の「My Lady White」と石井眞木さん作曲の「サーティーン・ドラムス」
まだやるかどうかはわからないですが、とりあえず軽く譜読みをしてみようかな・・・と思っています。
関連タグ : Ishii-Maki
カテゴリ:打楽器音楽全般
ジャンル:音楽 太鼓
最新記事のRSS | トラックバック:0 | Page Top↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。